医者

高脂血症の症状を理解しよう~コレステロールをコントロール~

リンパ節がはれる病気

病棟

悪性リンパ腫は、全身にあるリンパ管が集中している「リンパ節」にできます。「髄液検査」を行うことにより、この病気かどうかが診断できます。治療法には、化学療法、放射線療法、モノクローナル抗体療法、造血幹細胞移植などがあります。

読んでみよう

予防方法と人間ドック

看護師

禁煙が重要

高脂血症とは、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪が増加することにより、善玉コレステロールが減少する病気のことで、動脈硬化や脳梗塞を引き起こす可能性が高まるため、私生活や食生活などに注意する必要があります。中性脂肪の増加を抑えるために、私生活では適度な運動が重要となり、食生活では動物性脂肪を抑え食物繊維の摂取を心がけます。また、特に重要なのが禁煙です。タバコは善玉コレステロールの値を減少させ、悪玉コレステロールの値を上昇させるため、血流を悪くしてしまい、動脈硬化を引き起こす危険性を高めます。現在、高脂血症と診断されている方はもちろん、コレステロールの数値が気になる方は必ず禁煙するようにしましょう。

自己判断は難しい

高脂血症は、原因によって原発性高脂血症と二次性高脂血症に分類されます。原発性高脂血症とは、遺伝が原因で引き起こされ、生活習慣や食生活に関係なく発症するのが特徴です。次に二次性高脂血症ですが、腎臓病や糖尿病、ホルモン剤などによって引き起こされ、要因となる病気が完治したり、薬をやめれば症状が改善される場合があります。高脂血症の代表的な症状としては、肘や膝にできる黄色腫や眼球にできる角膜輪などがありますが、これらの症状が見られることは稀で、基本的には自分で気付く症状はほとんど無いと言えます。このため、病気は血液検査により判断する必要があります。人間ドックなどでコレステロールの数値から判断は可能なので、気になる方は人間ドックを受診してみましょう。

消化器系のガンから転移

女性

消化器系や生殖器系のガンの末期状態に発症する癌性腹膜炎は、末期状態であることから治療が難しく高度な技術と知識が必要となります。痛みを伴い、腹水によって呼吸困難に陥ることもあります。治療するのは困難だとされていた癌性腹膜炎ですが、最近では免疫細胞療法によってある程度の効果も得られるようになっています。

読んでみよう

第4のがんの治療法

病棟

新しいがん治療であるNK細胞療法は副作用が少なく、体に優しい治療法であると言われています。高額の費用や治療を受けることが出来る施設の少なさに課題がありますが、今後このような課題が解消することが期待されます。

読んでみよう