医者

高脂血症の症状を理解しよう~コレステロールをコントロール~

第4のがんの治療法

病棟

注意点

人の体にはNK細胞という免疫細胞があることが知られています。この免疫細胞を採取し、培養することにより、体内に戻すことにより体内の免疫力を高めるがん治療が、NK細胞療法です。NK細胞療法を受ける上での注意点としては、費用が高額になるということがあります。これまでのがん治療は、手術・抗がん剤・放射線治療が主なものでした。これらは、保険の対象となっているものもあり、治療費の自己負担額もそれほど高額にならない傾向にあります。しかし、NK細胞療法は、比較的歴史の浅い治療法であり、保険対象ともなっていませんので、費用は高額になります。また、採取したNK細胞を培養する期間が長期にわたり、その期間はNK細胞療法は行うことが出来ません。なお、他のがん治療を併用することは可能です。

今後の課題

がんを発症する人の数は、高齢化などの影響もあり増えていますし、これからも増えることが予想されています。体に負担をかけないような治療法として知られているNK細胞療法ですが、費用が高額であることや治療を受けることが出来るところが限られているなどの課題も多くあります。今後は、希望する誰しもが治療を手頃な価格で受けることが出来るということが理想となります。NK細胞療法の費用が高額となる理由としては、採取した細胞を無菌状態で培養する必要があり、専門の施設が必要となるためです。この専門の施設の数を増やすことが出来れば、費用を安くすることが出来ると予想されます。また、施術を希望する人が増えれば、施術を行う病院も増えるのでは無いでしょうか。